私はこのサイトで買い取ってもらいました。

一番オススメなのは「スピード買取.jp」 郵送での査定ができるのはもちろんのこと、送るのが不安という方は持ち込みや出張査定も対応してくれます!しかも最短30分で。 買取の業界内でもトップのシェアを持っている企業なので安心して任せることが出来ますね。

次におすすめなのが「福ちゃん」 「どんな古銭・古紙幣・金貨でも高く買取る自信があります。」 をキャッチコピーとして、買取がはじめての方も安心して利用できるサービスを心掛けています。

 

古銭買取業者を選ぶポイントとは

古銭の買取をどの業者にするかで、査定額の減額リスクを回避できます。

 

ポイントは、『古銭の専門知識を有すること』と、『より安全に査定に出せること』です。

 

とにかく早い処分を望むという人は、近所で見つけた質屋やアンティークショップに持ち込むことも多いでしょう。

 

しかし、ここで注意したいのが、古銭の多くが『高価買取を期待できない』ものであること。

 

勿論、中には刻印された文字の形や、流通量や材質で希少価値を認められる古銭もあります。

 

残念ながらこれらを区別できるのは専門知識を持った業者や、コレクターのみ。

 

アンティークを手広く扱っている業者の中に、古銭に関する知識を有している人はそれほど多くないのが現状です。

 

古銭は未だに不知銭(由来などが不明のもの)も多く存在し、専門業者ですら判断が難しいものも少なくありません。

 

そのため、専門知識を持っていない業者は買取自体を断ったり、真贋のリスクを加味してあえて安価で買取ることもあるのです。

 

少しでも高価買取や適正価格での売却を望むのであれば、古銭を買取対象として明記している業者を選びましょう。

 

古銭と明記されていなくても穴銭を買取可能としている業者なら、古銭全体も査定範囲としている可能性もあり得ます。

 

査定依頼を出す前に、古銭の買取の可否を問い合わせてみると確実です。

 

中でもおすすめなのは、自宅まで査定に来てくれる出張買取サービスのある業者です。

 

何故なら、持ち込みや宅配で古銭を査定に出すのは、状態によってはとてもリスキーな行為になるのです。

 

日本最古の貨幣と言われる富本銭をはじめ、いわゆる古銭と呼ばれるものは年代によって材質も異なります。

 

技術も発達していない時代のものは不純物も多く、経年劣化もあって脆い状態となっているものばかり。

 

振動や湿気など、少しのダメージで傷が付く可能性もあり、それが査定額の大きな減額を引き起こしてしまうかもしれません。

 

持ち込みや宅配時のダメージの心配もない出張買取なら、このような減額リスクを回避できるでしょう。

 

さらに、自宅まで来てもらえれば、一度に大量の古銭を売ることも難しくありませんね。

 

古銭の場合は複数枚をまとめて査定に出した方が高価買取につながるため、できるだけまとまった数で売るのもおすすめです。

 

古銭にとって安全な出張買取で、かつ専門知識のある業者へ買取依頼ができれば、適正な査定を受けることができます。

 

古銭買取の相場はいくら位?

古銭買取の相場は、お店によっても異なります。
在庫状況や需要が関係するため、はっきりと『いくら』とは言い切れないのです。

 

しかし、多くの店で共通して高額となりやすいのが、希少性の高くコレクターに人気のある古銭。

 

・近代金貨 1円金貨
・近代銀貨 1円銀貨
・アメリカのセントゴーデンズ20ドル金貨

 

このあたりは金や銀としての価値と共に希少性も認められるため、使用品であっても数万円の価格がつくことも多いようです。
アメリカのセントゴーデンズ20ドル金貨に関しては未使用のケース付きの場合、数十万円にも及びます。
実際、某店では状態の良い近代金貨 1円金貨が当時のレートも加味した状態で3万円弱、セントゴーデンズ20ドル金貨は20万前後の査定額となった例があります。

 

また、金や銀としての価値はないながらも、中国の刀削(刀のような形の貨幣)は30万近くにまでなった希少品が複数存在。
いずれの古銭も、状態の他コレクター人気が時代を問わず高いことも関係しています。

 

一方で、状態以上に作成時代が重視されるのが、日本の古銭の代名詞である穴銭や大判です。

 

・大判
・小判
・穴銭

 

大判や小判は金の含有率で査定されるものもあれば、発行数で価格が決まることもあります。
総じて価格は高めですが、中でもわずか数千枚の発行と言われる未使用の享保大判金は高額です。
こちらは20万近くの査定額が出た例も少なくありません。

 

対して穴銭は1枚数百円程度のものが多く、稀に母銭(製造時の型となったもの)が数千円になることも。
また、1枚単位では買取自体を断られるため、複数枚での買取でやっと数万円というケースが目立ちます。

 

しかし、文字の形や縁の太さなどで区別される希少品も複数存在します。
同じ穴銭の長門銭でも、1枚千円前後のものもあれば、刻印された文字のバランスが異なるだけで数万円の値がついた1枚もあるのです。

 

このように、古銭は表面的な状態(未使用か否か)だけで価格が判断されるものではありません。
一見すると同じように見える2枚でも、1枚は信じられないような高額品となることも十分期待できます。
相場はあくまで目安として考え、実際に査定に出す時は(たとえ大量でも)きちんと1枚ずつ鑑定してもらうことをおすすめします。

更新履歴

Bダッシュ