在位60年記念硬貨は買取してもらえるのか。10万円金貨の価値と相場とは

10万年記念金貨というと、何種類かあります。

 

有名なところでは「昭和天皇御在位60周年記念10万金貨」と「天皇陛下御即位記念10万円金貨」があります。

 

どちらも10万円金貨なのですが、市場価値は全く違います。

 

まず「昭和天皇御在位60周年記念10万金貨」ですが、こちらはプレミアが付いておりません。

 

よって、銀行での換金がベストな選択肢と言えます。

 

銀行に10万円の金貨を持っていけば、10万円で換金してもらえますので、損をすることはありません。

 

次に「天皇陛下御即位記念10万円金貨」ですが、こちらはプレミアがついております。

 

よって、銀行買取よりも古銭に詳しい買取業者に買い取ってもらうのがおすすめです。

 


同じ10万円金貨で差がでる理由とは

「昭和天皇御在位60周年記念10万金貨」と「天皇陛下御即位記念10万円金貨」は同じ10万円金貨です。

 

ではなぜ買取価格に差が出てしまうのかといいますと、単純に1枚に含まれている金の含有量が異なっているためです。

 

それぞれに含まれている金の含有量ですが、下記のとおりです。

 

  • 昭和天皇御在位60周年記念10万金貨:20グラム
  • 天皇陛下御即位記念10万円金貨:30グラム

 

今日時点での金の買取相場が4,824円(2016/03/21現在)なので、それぞれの買取価格はこうなります。

 

  • 昭和天皇御在位60周年記念10万金貨:96,480円
  • 天皇陛下御即位記念10万円金貨:144,720円

 

以上のように、60周年記念金貨は10万円の価値よりも、評価額が下回ってしまいます。

 

よって、銀行での換金をオススメしております。

 

逆に御即位記念10万円金貨は10万円以上の価値がありますので、買取をしてもらうのが良いということなのです。

 

高価買取してもらうためには

10万円金貨は、販売時に「プリスターパック」に入っている状態で売られておりました。

 

よって、最初の状態と同じように「プリスターパック」がある状態で買い取りをしてもらうのが理想的です。

 

なお、プリスターパックがないと買い取りをしてもらえないわけではないのでご安心ください。



Bダッシュ