10,000円記念硬貨の価値と高価買取してもらうポイントとは

10,000円記念硬貨は他の記念硬貨と比べて、種類は多くありません。

 

なお、10,000円記念硬貨のように額面が大きい硬貨になってくると、発行するのにも法律の制定が必要になっておきます。

 

なぜならば、勝手に貨幣を発行できるようにしてしまっては、お金が足りなくなったら発行すればいいという考えてになってしまい、お金の信用がなくなってしまうためです。

 

例えば、天皇陛下在位60周年記念硬貨は、昭和天皇の在位60年を記念して発行された貨幣です。

 

これを発行する際には「天皇陛下御在位60年記念のための10万円および1万円の臨時補助貨幣の発行に関する法律」が制定されました。

 

その結果10万円金貨1,000万枚・1万円銀貨1,000万枚という量の記念硬貨が発行されました。

 

高価買取してもらうためのポイント

1.購入時の状態を保っているかどうか

 

まず1つ目はその貨幣を購入した状態で保管できているかが見られます。

 

例えば先ほど例に上げた天皇在位60週年記念硬貨の1万円銀貨は、プラスチックのパッケージに入れられた状態で両替を行っておりました。

 

よって、そのプラスチックのパッケージが取れていないかがひとつの目安となります。

 

その他傷やよごれがついていないかが見られます。

 

薬品で落とした程度ではプロの鑑定士の目をごまかすことは出来ません。

 

よって、自分がもっている1万円記念貨幣がどの程度の価値があるかを知りたければ、まずは鑑定士に無料相談してみるのがいいですね。


代表的な記念硬貨

先程も書いたように、10,000円記念硬貨は発行するのに閣議が必要になる場合が多いです。

 

よって、種類はそれほど多くはないのですがその中でも比較的高値が付きやすい代表的なものを集めてみました。

 

  • 長野オリンピック冬季競技大会記念(第1次)
  • 長野オリンピック冬季競技大会記念(第2次)
  • 天皇陛下在位60周年記念10,000円銀貨
  • 天皇陛下御在位10年記念10,000円金貨
  • 天皇陛下御在位20年記念10,000円金貨
  • 2002FIFAワールドカップ記念 10,000円金貨


Bダッシュ