500円記念硬貨の高額買取を狙うなら「長野県」と「高知県」の単体セットがおすすめ

500円記念硬貨とは、造幣局が発行する記念硬貨です。

 

他の記念硬貨ですと銀貨や金貨といった素材が高いものを使っていることが多いです。

 

しかし、500円記念硬貨の場合はユーロ圏などでは日常使用する貨幣に使われている「バイカラークラッド」という手法を使って作られています。

 

これは、異なる種類の金属板をサンドイッチ状に挟み込む「クラッド」技術で出来た円板を、それと異なる金属で出来たリングの中にはめ合わせる「バイカラー」技術を使っています。

 

よって、500円記念硬貨の場合は素材自体の値段が安いため「買取不可」となっているコインも多いです。

 

しかし、地方自治法施行60周年記念で発行された「高知県」と「長野県」のバイカラークラッドの貨幣セットであれば、定価の1.5倍以上で買い取ってもらえます。
※最終的な買取額は無料の査定の上で決定されます。

 

なお、その他高額買取りして貰えそうな「地方自治法施行60周年記念硬貨」は以下の都道府県です。

 

  • 高知県 1,000円→1,600円
  • 長野県 1,000円→1,500円
  • 新潟県 1,000円→1,400円
  • 茨城県 1,000円→1,300円
  • 奈良県 1,000円→1,300円

 

今もし手元にお持ちの場合は、これらの値段を参考にしていただけますと幸いです。


代表的な500円記念硬貨とは?

500円記念硬貨は実はとても身近なアイテムで、オリンピック・ワールドカップ・空港開設など至るところで記念のアイテムとしておかれています。

 

本当にさまざまな種類があるので、その中でも一部を集めてみました。

 

  • 国際科学技術博覧会記念
  • 内閣制度創始100周年記念
  • 天皇陛下御在位60年記念
  • 青函トンネル開通記念
  • 瀬戸大橋開通記念
  • 天皇陛下御即位記念
  • 沖縄復帰20周年記念
  • 皇太子殿下御成婚記念
  • 関西国際空港開港記念
  • 第12回アジア競技大会記念
  • 長野オリンピック冬季競技大会記念
  • 天皇陛下御在位10年記念
  • 2002FIFAワールドカップ記念
  • 2005年日本国際博覧会記念
  • 中部国際空港開港記念
  • 南極地域観測50周年記念
  • 100周年記念
  • 天皇陛下御在位20年記念

 

まとめ

こちらでご紹介したのは、500円記念硬貨のごく一部です。

 

世の中にはさまざまな500円記念硬貨が溢れているので、どこかにお出かけに行った時の記念として購入したり、国をあげたビッグイベントが開催された時に歴史的な記念のアイテムとして収集してはいかがでしょうか。

 

ちなみに500円記念硬貨は比較的手に入りやすい硬貨のため、買取不可となっている種類のものも数多くあります。

 

しかし、発行枚数の少ない500円記念硬貨などは、専門の買取業者に査定を依頼すれば、驚くほどの希少価値がつくこともありますよ。

 

買取ってもらうときには、ケースや付属品、証明書などが全て揃った状態にしておくこと、出来るだけ購入した時の状態で保管しておくことが大切です。

 

しっかりと覚えておきましょう。



Bダッシュ