銀貨を高価買取してもらうポイント

銀貨を買取に出す際はその状態に注意しましょう。

 

保存状態によっては、銀製品独特の曇りなどが銀貨表面に見られるものも多々あります。

 

しかし、ここで安易に磨くことは避けるべきです。

 

傷や曇りのないものほど銀貨は高価買取に結びつくのですが、銀自体がとても傷付きやすい素材です。

 

市販の銀製品用クロスを使用したとしても、ふとした拍子に小さな傷ができてしまう可能性もあります。

 

よって、傷や曇りができた銀貨は、不用意に触らずそのまま買取査定に出すようしましょう。

 

コインアルバムや台紙にセットされた銀貨も、入れ物の状態に関わらず未開封のままの方が高額になります。

 

また、銀貨の場合は発行部数の少ないものほど高価となる傾向を持っています。

 

多少状態が悪いものでも希少価値が認められるものであれば、予想外の値段がつくかもしれません。

 

とくに明治20年より以前の1円銀貨や明治13年代の竜20銭銀貨あたりは、かなりの少数なためどこの店でも高額となりやすいようです。

 

ただし、ここで注意したいのが『銀貨には偽物も多数存在する』ということ。

 

希少コインとして挙げた1円銀貨などの偽物は、重さもデザインも本物によく似ており、素人目には区別が難しいのです。

 

銀貨に関する知識をわずかばかり持っている買取業者では、この偽物である可能性を懸念して安い値段をつけるケースもあるほど。

 

そのため、銀貨を買取に出す際は必ず『コインや古銭の知識を有した業者』を選ぶことをおすすめします。

 

買取対象物の中に、金貨や銀貨、コインや古銭と明記されていることがポイント。

 

本物の銀貨だった場合はプレミア価格を考慮してくれますし、何より専門的に取扱いのある業者は粗悪な状態のものも積極的に買取してくれます。

 

近所に店舗がなくても、電話やインターネットで申し込めば自宅に査定に来てくれるので、なるべく専門業者に査定を依頼しましょう。

 

ちなみに専門業者の他、近年多く見られる金製品や銀製品の買取業者も選択肢としてありますね。

 

しかしこのような業者は、素材としての価値しか見てもらえないケースが多いため、銀貨の高価買取には向いていません。

 

一部のプルーフコインのように明らかなコレクター性が認められるものであれば、高価買取を期待できるでしょう。

 

それでも、独自の販売ルートも所持している専門業者よりは、やはり低く査定されるようです。

 

専門業者が高価買取できるのは、買取後の販売ルートもきちんと確保されているから。

 

安定した需要が見込めるため、査定額も思い切ってくれます。

 

銀貨の高価買取を狙うなら、状態は勿論、査定依頼を出す業者の選び方も意識してみてください。


代表的な銀貨とは?

国内発行の銀貨

未使用のものであれば、1枚でも数万~数百万円する銀貨も多く存在します。

 

とくに現存数が極端に少ない明治初期の銀貨各種は、中古品でも高価買取を狙いやすいです。

  • 1円銀貨
  • 貿易銀
  • 旭日竜大型50銭銀貨
  • 竜50銭銀貨
  • 旭日50銭銀貨
  • 竜20銭銀貨
  • 八咫烏10銭銀貨
  • 旭日竜5銭銀貨

中でも高額となるのが、2年間程度しか発行されなかった八咫烏10銭銀貨です。

 

八咫烏10銭銀貨は流通自体が見合わされてしまったため、コレクターの中でもかなり人気が高いもの。

 

また、中古では数万円の銀貨でも、プルーフ銀貨の未使用品であれば数十万の値段がつくことも。

 

この他、1枚数千円前後のものや数百円で取引されるものもあります。

 

銀そのものの価値よりは多少高くなるコインも多いので、一度査定してもらうことをおすすめします。

 

国外発行の銀貨

  • アメリカのイーグル銀貨
  • イギリスのブリタニア銀貨
  • カナダのメイプルリーフ銀貨
  • オーストラリアの1kg銀貨

これらは毎年異なったデザインのものが発行されており、そのためコレクターから注目されています。

 

ただし、かなりの数が出回っていることから、業者での買取はあまり期待できないものの方が多いようです。

 

どちらかというと、銀素材としての価値を評価される傾向にあります。



Bダッシュ