記念硬貨を高価買取してもらうポイント

記念硬貨は、大きなイベントが開かれる際に発行されることの多いもの。そのため台紙や説明書、あるいは鑑定書といった付属品が存在するケースも多々あります。

 

少しでも高く記念硬貨を買取してもらうには、このような付属品もきちんと残しておきましょう。

 

また、中にはコインアルバムにセットされた記念硬貨もありますが、これらは開封しないことをおすすめします。

 

もしかしたら、ケースが汚れていたり折れ曲がっているからと開けてしまう人もいるかもしれませんね。

 

しかし実際は、開封されたものよりも未開封の方が高価買取につながります。

 

何故なら、記念硬貨のようなコインの買取では、指紋の付着の有無が査定額に大きく関係するからです。

 

ケースが汚れていても、コインそのものが未開封で綺麗な状態であれば、じゅうぶん高価買取を狙えるでしょう。多少ケースに難ありでも、そのまま査定に出してみてください。

 

もちろん、コインアルバムやケース自体も綺麗な状態のものは、さらに高価な査定額を期待できます。

 

これらのような付属品がない記念硬貨も、まだまだ諦めないでくださいね。ちょっとしたコツで高価買取を狙えたり、査定額の減額を防ぐことが可能です。

 

たとえば、ケースも何もない記念硬貨は、査定前に磨かないことが重要。指紋が付いていたら減額なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、安易に磨く方が新たな傷を付けてしまう可能性もあり危険です。


査定結果にも注意しましょう

記念硬貨は、銀行へ持っていけばそのまま額面通りの価値で使用できるもの。

 

額面以下の価格がつくことは、ありえないと言い換えても良いでしょう。

 

もし「発行部数が多い記念硬貨だから」と査定額をコインの額面以下で提示された場合は、うかつに売らないよう注意しなくてはなりません。

 

記念硬貨の買取は、額面より多少の色がついて当たり前のものだと思ってください。

 

勿論、古ければ古いほど、その価値は上がります。

 

そして、何よりのポイントは『専門知識を持った業者』に査定依頼を出すこと。

 

あまりコインの知識に明るくない業者に売っても、見た目や発行時期といった表面的な価値しか見てもらえません。

 

本当はとても価値のある記念硬貨なのに、ちょっとケースが折れ曲がっていたからというだけで定価で買い取られたら、もったいないと思いませんか?

 

最近では自宅まで査定に来てくれる業者もありますし、近所の質屋などに持ち込むくらいなら、このような専門業者を呼ぶ方が買取価格を期待できます。

 

また、自宅まで来てもらえるので、店に持っていく途中で盗まれるという心配もありません。ご年配の方や女性の方、若い年代の方も、安心して記念硬貨を買取してもらえます。


代表的な記念硬貨とは?

記念硬貨で査定額が上がりやすいのは、やはり記念金貨・記念銀貨です。代表的なもので言えば、以下のものが挙げられるでしょう。

 

記念金貨

 

・天皇陛下御即位記念 10万円金貨
・皇太子殿下御成婚記念 5万円金貨
・天皇陛下御在位10年記念 1万円金貨
・天皇陛下御在位20年記念 1万円金貨
・長野五輪冬季大会 1万円金貨
・2002年FIFAワールドカップ記念 1万円金貨
・2005年日本国際博覧会記念 1万円金貨
・東日本大震災復興事業記念貨幣(一次発行・二次発行) 1万円金貨

 

記念銀貨

 

・東京五輪記念 千円銀貨
・東日本大震災復興事業記念貨幣 千円銀貨
・第5回アジア冬季競技大会記念 千円銀貨
・第67回国際通貨基金世界銀行グループ年次総会記念 千円銀貨
・奄美群島復帰50周年記念 千円銀貨
・国際連合加盟50周年記念 千円銀貨
・プルーフ貨幣セット 1987年
・プルーフ貨幣セット 2011年(年銘板有・無)
・プルーフ貨幣セット 2012年(年銘板有・無)
・プルーフ貨幣セット 2013年(年銘板有・無)

 

安価ながら、意外な掘り出し物と言えるのが『地方自治法施行60周年記念 カラー千円銀貨』です。
この他、こちらで挙げたもの以外の記念硬貨も高値となる可能性はありますし、買取店の在庫状況によっては相場以上の価格が付く時も。

 

以上のようなイベント関連のものであれば、基本的に発行年の古いものが高くなる傾向にあります。
コレクターアイテムとして定評のあるプルーフ貨幣は、年代に関係なく値段がつきやすいため、新しいものでも積極的に買取査定を依頼すべきです。
プルーフ貨幣はセットであればかなりの高額を期待できますが、硬貨1枚でも通常のコインより数倍の査定額となります。


Bダッシュ