金貨を高価買取してもらうポイント

金貨を高価買取してもらうポイント

記念行事や大きな式典の際に、記念の金貨を貰ったり、購入したことがある人もいるでしょう。

 

その金貨今どちらにありますか?

 

もし、置き場所が分からないのなら、今すぐに探してみましょう。

 

もしかしたら、収集した金貨の中に希少価値の高い金貨があるかもしれません。

 

自分ではなかなか判断出来ないことですから、プロの目に任せてしっかりと査定してもらうようにしてくださいね。

 

その際に金貨を持ち込むあなた自身も、気を付けなければいけないポイントがいくつかあります。

 

少しでも高値で買い取ってもらえるように、きちんとチェックしておきましょう。

 

まず、専門の古銭買取業者に金貨を持ち込むことをおすすめします。

 

くれぐれも「何でも買い取ります」「不要になったものは、何でもお持込み下さい」という宣伝文句を掲げている買取業者には、大切な金貨を買い取ってもらうことは止めて下さい。

 

なぜなら、何でも買取可能という業者のスタッフの知識は、決して他分野に精通しているとは限らないからです。

 

けれども、専門の古銭買取業者なら古紙幣・コイン・金貨・大判・小判など古銭に関する深い知識を持ったスタッフが対応してくれる可能性が高いと言われています。

 

少しでも金貨を高価買取してもらうためにも、専門の古銭買取業者に買い取って貰うことをおすすめします。

 

そして、どこの業者に買い取ってもらうか決まったら、次は金貨を持ち込む時の状態に気を付けましょう。

 

高値で買取をしてもらいたい!という気持ちが大きくなると、つい状態を良く見せようとする人間の心理が働きます。

 

実際に1番多いのが、金貨の表面をゴシゴシと磨いてしまうケースです。

 

けれども、それは大間違い!

 

サビや汚れを取ろうとしてゴシゴシと磨いてしまうと、どうしても金貨の表面が傷ついてしまうので、逆に価値を下げてしまうことになるのです。

 

ですから、金貨は出来るだけそのままの状態で持ち込むことをおすすめします。

 

例え表面が汚れていても、買取業者の方で表面になるべく傷がつかない方法でキレイに磨いてくれるはずです。

 

自分では高値を付けようと良かれと思ってやっていることが、実は査定額をガクンと下げているなんてとても残念なことですよね。

 

更に高額査定を望むなら「ケース」などの付属品や「鑑定書」を添えて、業者に持ち込むことが大切です。

 

このような付属品があるだけで、金貨の価値がグッと高まるのです。

 

金貨を購入した時に、いずれ専門の古銭買取業者に売ることが予想出来ているのなら、しっかり保管しておきましょう。


代表的な金貨とは?

世界には、さまざまな種類の金貨が存在しています。

  • ソリドゥス金貨
  • ソブリン金貨
  • ノミスマ金貨
  • ディナール金貨
  • フローリン金貨
  • メイプル金貨
  • ウィーン金貨
  • カンガルー金貨
  • 2015アメリカンリバティハイリリーフ金貨
  • ウルトラハイリリーフ金貨
  • グレートブリテンモダン金貨
  • イーグル金貨
  • バッファロー金貨

こちらでご紹介した金貨は、ごく一部です。

 

金貨は世界各地で貨幣として扱われていました。

 

しかしながら、純金はとても柔らかいため流通硬貨として、実際に使用されていたのは銀や銅のようです。

 

さて、現在金貨はどうなっているのかといいますと・・・・法定の平価に当てはまるくらいの金を含有している本位金貨は発行されていません。

 

ちなみに、現在発行されている金貨は、以下の3つに分類されます。

  1. 地金型金貨(南アフリカ、カナダ、中国およびアメリカなどを中心に発売。時価取引)
  2. 通貨型金貨(補助貨幣的なもの。世界ではあまり例がないが、日本では10万金貨・5万金貨がこちらの形式で発売されました)
  3. 収集型金貨(オリンピック・記念行事などの時に発売されることが多い金貨)

まとめ

このように金貨には非常にたくさんの種類がありますので、専門の古銭買取業者に持ち込んで査定してもらうのが1番です。

 

金貨を高値で買い取ってもらう時のポイントは、こちら↓

  • 専門の買取業者に依頼する。
  • 現状のまま持ち込む。
  • ケースや鑑定書などの付属品を出来るだけ付ける。

以上の3点を押さえた上で、自分で価値を判断するのではなく、プロの目に任せましょう!



Bダッシュ